コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本ハム にっぽんハム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本ハム
にっぽんハム

食肉加工品メーカー。 1942年徳島食肉加工場として個人創業,当初は第2次世界大戦中でもあり,統制経済下で営業も思うようにならず,45年戦災で廃業。戦後の 48年営業を再開,51年徳島ハムを創立し,62年徳島ハム販売 (1949設立) に合併,以降順調に拡大した。 56年大阪工場を建設し,それ以来営業所および工場を全国的に開設,63年には業界4位であった鳥清ハムと合併,同時に現社名に変更。さらに工場,営業所を拡大しつつ 69年に養豚養鶏のジャパンファームを共同設立,同年9月にはアメリカのスイフト (現エスマーク子会社) と技術援助契約を結ぶ。またプロ野球球団日本ハムを経営。売上構成比は,ハム・ソーセージ 20%,食肉ほか 60%,加工食品 20%。年間売上高 8649億 8500万円 (SEC方式) ,資本金 241億 6500万円,従業員数 3423名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本ハム

07年3月期の連結売上高は9772億円で食肉加工業界トップ。グループの従業員数は約2万8千人。42年に創業者の故・大社(おおこそ)義規氏が前身となる徳島食肉加工場を創設。63年に和歌山の鳥清ハムを吸収合併して商号を日本ハムに改称、営業範囲を全国に拡大した。02年8月、グループで牛海綿状脳症(BSE)対策の買い取り制度を悪用、輸入牛を国産牛と偽って補助金をだましとっていたことが発覚した。

(2008-01-14 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

日本ハム

正式社名「日本ハム株式会社」。英文社名「NIPPON MEAT PACKERS, INC.」。食料品製造業。昭和17年(1942)前身の「徳島食肉加工場」創業。同26年(1951)「徳島ハム株式会社」設立。同38年(1963)現在の社名に変更。本社は大阪市北区梅田。食肉販売・加工会社。徳島県発祥。ハム・ソーセージのシェアトップクラス。牛・豚・鶏の飼育から加工まで一貫体制。東京証券取引所第1部上場。証券コード2282。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

日本ハムの関連キーワード北海道日本ハムファイターズ(ほっかいどうにほんはむふぁいたーず)北海道日本ハムファイターズ静岡県榛原郡吉田町大幡日拓ホームフライヤーズブリスキー・ザ・ベアーシャーマン オバンドー日本ハムファイターズファイターズチップスジェイソン ボッツカビー・ザ・ベアーパシフィックリーグイースタンリーグ東映フライヤーズ札幌アンビシャス急映フライヤーズ東急フライヤーズ日本ハム(株)ダルビッシュ有ソーセージータファイターズ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本ハムの関連情報