コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本労働組合同盟 にほんろうどうくみあいどうめい

2件 の用語解説(日本労働組合同盟の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

日本労働組合同盟【にほんろうどうくみあいどうめい】

略称は組合同盟。1926年日本労働総同盟の右派的傾向を不満として脱退した一部の指導者が,日本労農党と合わせて結成。右派の総同盟,左派の日本労働組合評議会に対し,中間派の指導的地位を占めた。
→関連項目加藤勘十

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本労働組合同盟
にほんろうどうくみあいどうめい

略称組合同盟。1926年(大正15)12月4日、日本労働総同盟(総同盟)の第二次分裂により脱退した中間派の組合によって結成された全国中央組織(ナショナル・センター)。結成当時の組合員数1万2800人。総同盟が労働農民党から脱退して社会民衆党の結成を推進していることに反対の麻生久(あそうひさし)ら中間派指導者が、突如日本労農党の創立を発表したため、日本鉱夫組合(鉱夫組合)、関東合同労働組合(関東合同)、関東紡織労働組合(関東紡織)などの各組合とともに除名されたので、組合同盟を結成した。しかし、その組織は伸び悩み、30年(昭和5)6月、前年の9月に総同盟幹部の右傾化に反対して起こった第三次分裂で脱退派によって結成された労働組合全国同盟(全国同盟。4300人)と合同し、全国労働組合同盟(全労)となった。[松尾 洋]
『大河内一男・松尾洋著『日本労働組合物語 昭和』(1965・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日本労働組合同盟の言及

【組合同盟】より

…正式名称は日本労働組合同盟。1926年12月,無産政党結成にからむ総同盟(日本労働総同盟)第2次分裂によって生まれた労働組合の全国中央組織(ナショナル・センター)。…

※「日本労働組合同盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本労働組合同盟の関連キーワードJCL全日本労働総同盟全労会議総同盟日本労働組合総同盟日本労働総同盟松岡駒吉全労AFLCIO上条愛一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone