コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本学校安全会(読み)にほんがっこうあんぜんかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本学校安全会
にほんがっこうあんぜんかい

学校安全の普及充実と,災害共済給付とを事業とする特殊法人。「日本学校安全会法」 (1959) に基づいて 1960年に設立文部大臣の所轄下におかれ,同法に従って運営されている。府県単位に支部を設け,東京に本部をおく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

日本学校安全会【にほんがっこうあんぜんかい】

日本学校安全会法(1959年)に基づき設置された法人。本部東京。幼稚園,小・中・高等学校児童生徒の学校管理下における負傷疾病等に対する災害共済給付を行い,学校安全の普及・充実を図る。掛金は学校設置者が契約額の一定割合を児童・生徒の保護者から徴収する。1982年に日本学校給食会と統合し日本学校健康会となり,1986年の日本体育・学校センターへの改組をへて,2003年に独立行政法人日本スポーツ振興センターの事業に吸収された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の日本学校安全会の言及

【学校安全会】より

…学校安全の普及充実と学校事故・災害の共済給付とを行う特殊法人。正称は日本学校安全会。その目的,事業内容は,日本学校安全会法(1959公布)に定められており,文部大臣の監督下,事業に対しては国から一定の補助がある。…

※「日本学校安全会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android