日本平民党(読み)にほんへいみんとう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本平民党
にほんへいみんとう

明治時代の社会主義政党。1906年(明治39)1月に組閣された第一次西園寺公望(さいおんじきんもち)内閣の穏健策を見越し、西川光二郎(みつじろう)と樋口伝(ひぐちでん)が1月14日に結社届を出し受理される。綱領は「普通選挙ノ期成ヲ計ルヲ目的トス」という1条だけで、「社会主義」の文字と要求は避けた。同党の許可をみたため、堺利彦(さかいとしひこ)と深尾韶(ふかおしょう)が「日本社会党」の結社届を出し、これも受理された。両党は2月24日に合同、「国法ノ範囲内ニ於(おい)テ社会主義ヲ主張ス」という綱領をもつ日本社会党へと発展解消した。社会主義者荒畑寒村(あらはたかんそん)は、日本平民党は日本社会党の「瀬ぶみ」として結成されたと述懐している。[成田龍一]
『中村勝範著『明治社会主義研究』(1966・世界書院) ▽太田雅夫著『明治社会主義政党史』(1971・ミネルヴァ書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の日本平民党の言及

【日本社会党】より

…明治期のものと戦後から現在までのものの二つがある。(1)1906年(明治39)1月14日西川光二郎らが普通選挙の期成を目的に掲げて結党した日本平民党と同28日に堺利彦らが結党届を出して許された日本社会党が,2月24日合同大会を開いて正式に発足した政党。同党は規約第1条で〈本党は国法の範囲内に於て社会主義を主張す〉とうたい,1901年の社会民主党平民社の議会主義的立場を継承し,結党以前から刊行されていた《光》が機関紙となった。…

※「日本平民党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android