コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西川光二郎 ニシカワコウジロウ

6件 の用語解説(西川光二郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にしかわ‐こうじろう〔にしかはクワウジラウ〕【西川光二郎】

[1876~1940]社会主義者。兵庫の生まれ。片山潜に協力して「労働世界」を発行。また、社会民主党結成に加わり、幸徳秋水らの平民社に参加。大逆事件後は転向し、精神修養家となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

西川光二郎【にしかわこうじろう】

明治の社会主義者。兵庫県生れ。東京専門学校卒。1901年社会民主党創立に参加。日露戦争平民社により非戦論を展開。1905年》を創刊。翌年日本社会党結成に参加し片山潜らと行動をともにしたが,のち別れ1908年には《東京社会新聞》を発刊。
→関連項目直言

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西川光二郎 にしかわ-みつじろう

にしかわ-こうじろう

西川光二郎 にしかわ-こうじろう

1876-1940 明治時代の社会主義者。
明治9年4月29日生まれ。片山潜とともに「労働世界」を発行。明治34年社会民主党の創立に参加。平民社,日本社会党の創立にくわわり,その間何度か投獄された。のち転向して精神修養家となった。昭和15年10月22日死去。65歳。兵庫県出身。東京専門学校(現早大)卒。号は白熊。著作に「心懐語」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

にしかわこうじろう【西川光二郎】

1876‐1940(明治9‐昭和15)
明治期の社会主義者。兵庫県津名郡佐野村(現,津名町)に生まれ,札幌農学校時代に新渡戸稲造らの影響を受けた。のちに東京専門学校(現,早稲田大学)に転じ,社会問題に関心をもち,片山潜とともに1897年労働組合期成会の《労働世界》を発行した。1901年幸徳秋水らと社会民主党を発起後,《平民新聞》を発行して社会主義の宣伝に努め,また06年山口孤剣と《光》を発行した。06年の東京市電値上げ反対デモで大杉栄らと兇徒聚衆罪に問われ,大審院より重禁錮2年に処せられた(東京市電値上反対事件)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にしかわこうじろう【西川光二郎】

1876~1940) 社会運動家。兵庫県生まれ。片山潜に協力して「労働世界」を発刊。社会民主党の創立発起人。のち平民社に参加、「平民新聞」を刊行して、社会主義・非戦論を主張。東京市電争議に関与して入獄中転向、精神修養家となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西川光二郎の言及

【社会民主党】より

…宣言書を掲載した《東京横浜毎日新聞》《労働世界》《万朝報》なども発禁となった。発起人は,安部磯雄,片山潜,河上清,木下尚江,幸徳秋水,西川光二郎の6人で,幸徳を除きすべてキリスト者である。結党の背景には,労働組合期成会(1897結成)を中心とした労働組合運動が1900年治安警察法制定により衰退,期成会中心メンバーの一人の片山らが政治運動によって局面を打開しようとしたことがある。…

【授業料】より

…これとは対照的に85年初代の文部大臣となった森有礼は,国家に対する国民の教育義務の一部として,義務教育における授業料の支払を課した。19世紀末から労働運動の高揚とともに無償教育の要求が登場し,雑誌《労働世界》は〈教育は人類社会の公有物なり,何人と雖(いえど)も之(これ)を私すべからず〉と主張,西川光二郎は授業料徴収が労働大衆の教育機会を妨げ,教育を〈一商品たらしめて〉いると批判した。日本において義務教育学校の授業料が廃止されたのは1900年の小学校令改正以降である。…

【東京市電値上反対事件】より

…田川大吉郎らの自由主義者や一般市民も加わり運動は盛り上がった。3月15日デモは暴動化し,西川光二郎ら日本社会党員10名が兇徒聚衆罪で検挙され(1908年有罪確定),一方,内務大臣も申請を却下し運動は一時鎮静した。6月,3会社は合併(東京鉄道株式会社)し再申請したため,日本社会党は一時脱会していた国家社会党も含めて反対運動を再開したが,前回規模には達せず,8月均一4銭の運賃値上げが認められた。…

※「西川光二郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西川光二郎の関連キーワード社会主義神髄サンシモン主義者新紀元津名〈町〉赤羽一佐野助作講壇社会主義者国際社会主義者会議70年民主社会主義者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone