コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本未来の党 にっぽんみらいのとう

知恵蔵miniの解説

日本未来の党

2012年11月27日、滋賀県知事・嘉田由紀子が結成を発表した政党。段階的に全原発の廃炉を目指すことや税金の無駄遣い排除など6項目の主要政策を掲げている。嘉田知事は知事を務めながら代表に就任し、代表代行にはNPO法人「環境エネルギー政策研究所」の飯田哲也所長が就いた。同党に対し「国民の生活が第一」「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」が合流を決定し、「みどりの風」所属3名の議員ほか各議員が参加を表明した。

(2012-11-29)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

にっぽんみらい‐の‐とう〔‐タウ〕【日本未来の党】

平成24年(2012)11月、滋賀県知事嘉田由紀子(かだゆきこ)が設立した政党。ただちに国民の生活が第一減税日本・反TPP・脱原発を実現する党みどりの風の一部が合流。卒原発などを訴えて翌月の衆院選を戦ったが議席を大幅に減らし、直後に国民の生活が第一系の議員らが主導権を握って「生活の党」に改称した。
平成24年(2012)12月、離党した嘉田と議員1名とが改めて結成した政治団体。議員の他会派入りとともに休眠状態となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

日本未来の党【にほんみらいのとう】

日本の政党,政治団体。2012年11月に,滋賀県知事嘉田由紀子を代表として結成。小沢一郎の〈国民の生活が第一〉が解党・合流し,2012年12月の衆議院選に臨み,卒原発(脱原発)・TPP交渉参加反対などを掲げて戦ったが,旧〈国民の生活が第一〉所属議員をはじめとする改選前61議席を当選9議席に激減させ,惨敗。
→関連項目生活の党

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本未来の党の関連キーワード減税日本反TPP脱原発を実現する党消費税増税山田正彦山岡賢次亀井静香谷亮子第三極

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本未来の党の関連情報