コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活の党 せいかつのとう

3件 の用語解説(生活の党の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生活の党
せいかつのとう

日本の政党。保守中道政党2012年7月,衆議院消費税増税法案に反対投票し民主党を離党した小沢一郎を中心とする議員たちが政党「国民の生活が第一」を結成,11月に嘉田由紀子滋賀県知事が結成した日本未来の党に合流したが,同 2012年12月の衆議院議員総選挙では 9議席しか獲得できなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいかつ‐の‐とう〔セイクワツ‐タウ〕【生活の党】

平成24年(2012)12月、日本未来の党から党名変更した政党。脱原発などを主張。平成26年(2014)12月の総選挙に敗れて政党要件を失ったが、参議院議員1名の入党で再び要件を満たした。同月「生活の党と山本太郎となかまたち」に党名変更。(2015年3月現在)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

生活の党【せいかつのとう】

日本の政党。2012年12月に日本未来の党を現在の党名に改称した。旧日本未来の党は2012年11月,嘉田由紀子滋賀県知事が結成し,小沢一郎率いる〈国民の生活が第一〉がこれに合流したもので,2012年12月の衆議院選挙で同党が惨敗した結果,嘉田は離党し新・〈日本未来の党〉を結成,小沢一郎らは〈生活の党〉に党名を改称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

生活の党の関連キーワード大衆政党中道ミニ政党既成政党世俗政党新党大地・真民主分党イタリアの政党連合川人貞史中道政党

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生活の党の関連情報