コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉田由紀子 カダユキコ

3件 の用語解説(嘉田由紀子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かだ‐ゆきこ【嘉田由紀子】

[1950~ ]政治家。埼玉の生まれ。京都大学を卒業後、琵琶湖の環境に関する研究者などを経て、大学教授となる。平成18年(2006)、滋賀県南部での東海道新幹線新駅建設の中止を公約して同県知事選に当選。平成24年(2012)、衆議院議員選挙に向けて「卒原発」を訴えて日本未来の党を結成し、代表となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

嘉田由紀子【かだゆきこ】

環境社会学者,政治家。滋賀県知事(2006年―2014年)。埼玉県本庄市出身。京都大学農学部卒業。同大学院農学研究科博士課程修了,琵琶湖研究所所員として,琵琶湖周辺の農村生活や環境の調査研究を続ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嘉田由紀子 かだ-ゆきこ

1950- 昭和後期-平成時代の農学者,政治家。
昭和25年5月18日生まれ。昭和56年滋賀県庁に入庁,57年琵琶湖研究所(現・琵琶湖環境科学研究センター)研究員。平成12年京都精華大教授。18年新幹線新駅の建設の凍結などを訴えて滋賀県知事となり,新幹線新駅,産廃処理施設,ダム事業の凍結・見直しをすすめた。20年元京大教授の農学者・嘉田良平と離婚。24年「卒原発」を訴えて新党「日本未来の党」を立ち上げ代表となったが衆議院議員総選挙で大きく議席を減らす。25年代表を辞任。埼玉県出身。京大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

嘉田由紀子の関連キーワード冤罪現代資本主義中南米映画人口爆発日野TH10型トラックATG国勢調査社史新日本文学女性団体

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嘉田由紀子の関連情報