コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本訪書志 にほんほうしょし Rì běn fǎng shū zhì

2件 の用語解説(日本訪書志の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にほんほうしょし【日本訪書志 Rì běn fǎng shū zhì】

中国,清代の楊守敬の著した書誌学書。30巻。清末に黎庶昌(れいしよしよう)が外交官として日本に駐在したとき,中国ですでに滅び日本にだけ伝えられるようになったものを含め,多くの書物を探訪購入し,のち中国に持ち帰った。とくにその精華をえらび《古逸叢書》に編修し日本で復刻したが,校勘の作業を含めその実務はすべて随員であった楊守敬の担当であった。この書物は《古逸叢書》に収められたものをはじめ,日本で触目し得た古書の全記録である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本訪書志
にほんほうしょし

(しん)の学者楊守敬(ようしゅけい)が著した漢籍の貴重書解題。16巻、八冊。楊守敬は1880年(明治13)に駐日清国公使館員として来日、4年間在留する間に、わが国に伝存する多数の貴重な漢籍を収集し、帰国後、それを研究して本書を完成した。書名・版式・伝来・序跋(じょばつ)・内容などを記載し、清末における書誌学研究の進歩を示す優れた業績である。1897年(光緒23)の楊氏刊本がある。[福井 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日本訪書志の言及

【楊守敬】より

…黎庶昌の随員として日本に滞在中,書籍の探訪につとめ,数十万巻の善本を得た。《日本訪書志》はその書誌学的研究である。【尾崎 雄二郎】。…

※「日本訪書志」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本訪書志の関連キーワード松田雪柯楊守敬郭守敬書誌学歌学書森銑三面面の楊貴妃小島宝素長沢規矩也中島河太郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone