コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本農学会 にほんのうがっかい

世界大百科事典 第2版の解説

にほんのうがっかい【日本農学会】

日本の農学に関係する諸学会を統括する連合体。細分化された農学各分野の専門学会相互間の連絡を密にし,農学およびその技術の総合的発展を目ざすことを目的として1929年11月に東京で開催された設立総会を契機として発足した。最初16学会が参加したが,その後新しく設立された関連学会が順次加わって,現在は作物,園芸,造園,雑草,草地育種,植物病理,応用動物昆虫,蚕糸林学,木材,土壌肥料,農芸化学,農薬,農業土木農業機械,農業施設,農業気象,生物環境調節,海水,水産,畜産家禽(かきん),獣医,農業経済,漁業経済,熱帯農業など41学会より構成され,各学会より選出された役員によって運営され,事務所は東大農学部内にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本農学会の関連キーワード学術著作権協会坂口 謹一郎川田 信一郎恩田 鉄弥白沢 保美山崎 何恵伊藤 誠哉平塚 英吉越智 勇一藤永 元作佐藤 寛次安藤広太郎麻生慶次郎井上 吉之西門 義一白沢保美大後美保山崎何恵越智勇一磯 永吉

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本農学会の関連情報