コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本農学会 にほんのうがっかい

1件 の用語解説(日本農学会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にほんのうがっかい【日本農学会】

日本の農学に関係する諸学会を統括する連合体。細分化された農学各分野の専門学会相互間の連絡を密にし,農学およびその技術の総合的発展を目ざすことを目的として1929年11月に東京で開催された設立総会を契機として発足した。最初16学会が参加したが,その後新しく設立された関連学会が順次加わって,現在は作物,園芸,造園,雑草,草地,育種,植物病理,応用動物昆虫,蚕糸,林学,木材,土壌肥料,農芸化学,農薬,農業土木農業機械農業施設農業気象,生物環境調節,海水,水産,畜産,家禽(かきん),獣医,農業経済,漁業経済,熱帯農業など41学会より構成され,各学会より選出された役員によって運営され,事務所は東大農学部内にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本農学会の関連キーワード法務業界学長事務総長総収JGA中枢神経消費者保護会議日本ゲートボール連合

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone