日本農学会(読み)にほんのうがっかい

世界大百科事典 第2版の解説

にほんのうがっかい【日本農学会】

日本の農学に関係する諸学会を統括する連合体。細分化された農学各分野の専門学会相互間の連絡を密にし,農学およびその技術の総合的発展を目ざすことを目的として1929年11月に東京で開催された設立総会を契機として発足した。最初16学会が参加したが,その後新しく設立された関連学会が順次加わって,現在は作物,園芸,造園,雑草,草地育種,植物病理,応用動物昆虫,蚕糸林学,木材,土壌肥料,農芸化学,農薬,農業土木農業機械,農業施設,農業気象,生物環境調節,海水,水産,畜産家禽(かきん),獣医,農業経済,漁業経済,熱帯農業など41学会より構成され,各学会より選出された役員によって運営され,事務所は東大農学部内にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android