日清通商航海条約(読み)にっしんつうしょうこうかいじょうやく

大辞林 第三版の解説

にっしんつうしょうこうかいじょうやく【日清通商航海条約】

1896年(明治29)下関条約に基づいて結ばれた日本と清国との通商航海条約。領事裁判権・協定関税・最恵国待遇を含む日本に有利な不平等条約。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日清通商航海条約
にっしんつうしょうこうかいじょうやく

日清講和条約下関(しものせき)条約)第6条の規定により結ばれた条約。1896年(明治29)7月21日調印、同年10月20日批准書を交換して発効した。日本は領事裁判権、協定関税、最恵国待遇を獲得して欧米と同一の特権を掌握し、これを足場に中国市場に進出した。1903年(明治36)10月8日には、日清両国人の共同経営事業についての規定、日本人の登録商標・著作権保護の規定などを定めた追加条約を締結した。五・四運動以後、中国国民の反帝運動が盛んとなると改訂もしくは廃棄が主張され、28年(昭和3)7月19日中国政府は廃棄を通告、日本は条約改訂を応諾し、30年5月6日関税協定に調印し、中国は関税自主権を回復した。[藤村道生]
『藤村道生著『日清戦争』(岩波新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の日清通商航海条約の言及

【上海】より

…当初のイギリス租界,フランス租界は,おのおの0.56km2,0.66km2にすぎなかったが,最も拡大したときにはおのおの22.60km2,10.22km2に達した。日本も1896年の日清通商航海条約で,上海をはじめ中国各地に租界設定の権利を得,天津や漢口には実現させたが,上海では共同租界の拡張の中に含められ,独立した日本租界は実現しなかった。しかし呉淞江北岸(虹口(ホンキユウ))を中心に居住がすすむと,日本人は上海で最も多い外国人となった。…

【法制史】より

…その反面,大日本大朝鮮両国盟約(1894締結。のち1910年に日韓併合条約),日清通商航海条約(1896締結)により,日本は中国と朝鮮に不平等を強いた。(3)第3期は近代的法体制の確立期であり,1899年の法典の全面実施と改正条約の発効に始まり,1918年の米騒動に至る。…

※「日清通商航海条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android