コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日珖 にちこう

2件 の用語解説(日珖の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日珖 にちこう

1532-1598 戦国-織豊時代の僧。
天文(てんぶん)元年生まれ。日蓮宗。堺(さかい)頂源寺の日沾(にちでん)に師事し,弘治(こうじ)元年京都頂妙寺3世となる。堺に妙国寺をひらき,日詮,日諦と天台学を講義。天正(てんしょう)7年安土宗論に参加して敗れ,のち下総(しもうさ)中山(千葉県)の法華経寺の住持となった。慶長3年8月27日死去。67歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。俗姓は伊達。号は竜雲院,仏心院。著作に「安土問答記」「法華文句無師」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

にっこう【日珖】

1532‐98(天文1‐慶長3)
近世初期の日蓮宗の僧。堺妙国寺の開山。仏心院と号する。堺の豪商で有名な茶人だった油屋の伊達常言の子。初め堺の長源寺の日沾(につてん)の門に入り,長じて諸方を遍歴し,園城寺勧学院の宥尊や比叡山の尊契に天台を,卜部兼右に神道を学んで,学識と徳行は若くして宗門内外に高く,1555年(弘治1)京都日蓮宗16本山の一つ頂妙寺3世住持となった。以後,河内高屋城主三好実休ら三好一族,堺や京都の上層町衆らに多くの帰依者をもった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日珖の関連キーワード阿波座一銭剃り恨之介公事家組帯古金襴神権用捨箱石火矢切銀

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日珖の関連情報