コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙国寺 ミョウコクジ

百科事典マイペディアの解説

妙国寺【みょうこくじ】

大阪府堺(さかい)市にある日蓮宗の寺。1562年三好義賢(みよしよしかた)(実休(じっきゅう))の戦死後,豪商油屋常言(じょうげん)が実休の屋敷を改め,日【こう】(にっこう)を開山として建立。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みょうこくじ【妙国寺】

大阪府堺市にある日蓮宗由緒寺院の一つ。広普山と号する。1562年(永禄5)三好之康(実休)の戦死後,その屋敷を改め,豪商油屋常言が仏心院日珖(につこう)を開山として建立。近世の寺領120石。霊元天皇のとき勅願所となり,公武の保護のもとに栄えた。境内に高麗から移植されたと伝える大きなソテツがあり,俗に〈蘇鉄寺〉と称される。1868年(明治1)フランス水兵と争って当寺で切腹させられた土佐藩士11名の墓がある(堺事件)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みょうこくじ【妙国寺】

大阪府堺市材木町にある日蓮宗の寺。山号、広普山。1562年堺の豪商油屋常言が創建、子の日珖につこうを開山とする。境内には高麗から移植したと伝えられる蘇鉄そてつの大木がある。蘇鉄寺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

妙国寺
みょうこくじ

大阪府堺(さかい)市材木町にある日蓮(にちれん)宗本山。山号は広普山(こうふざん)。俗に蘇鉄(そてつ)寺という。三好之康(ゆきやす)(実休)の菩提(ぼだい)のため、弟の義長が之康の別荘を寄進し、堺の豪商油屋常言(あぶらやじょうごん)が堂舎を造立して、1568年(永禄11)に落成。常言の子仏心院(ぶっしんいん)(にちこう)(1532―98)を開山とする。日は寺内に学室を設け、もと叡山(えいざん)学僧の日詮(にっせん)、日諦(にったい)とともに『法華玄義(ほっけげんぎ)』など天台三大部を講義した。これを三光無師会(さんこうむしえ)といい、宗風がそれまでの折伏(しゃくぶく)から摂受(しょうじゅ)に転ずる機縁をつくった。大坂夏の陣(1615)に焼けたが、まもなく復興した。第二次世界大戦によりふたたび焼失し、1973年(昭和48)再建された。境内に、高麗(こうらい)から移植したと伝えられる樹齢1100年といわれる大きなソテツ(天然記念物)がある。[浅井円道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

妙国寺の関連キーワード大阪府堺市堺区大坂城内見聞録土佐十一烈士墓宮崎県日向市箕浦猪之吉神保 日慈織田有楽斎大阪府堺市日向(市)箕浦元章堺(市)安土宗論妙法華寺大石甚吉坪内士行高島玄旦池上光則子の日堺区細島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妙国寺の関連情報