コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早崎瀬戸 はやさきせと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早崎瀬戸
はやさきせと

瀬詰の瀬戸ともいう。九州中部,長崎県島原半島と熊本県天草下島との間にある水道。島原湾の入口にあたる。幅約 5km。潮流は速いが,有明海の出入口にあたる重要な交通路である。島原半島の口之津港と天草下島鬼池港との間にフェリーが就航している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はやさきせと【早崎瀬戸】

熊本県天草下島と長崎県島原半島南端瀬詰崎との間にある瀬戸。早崎海峡または瀬詰ノ瀬戸ともいう。広義の有明海の入口にあたり,幅約4.5km。潮流が速く最大時速7ノット(約13km)に達し,水深100~150mの深所がある。天草側に鬼池灯台,島原側に早崎灯台,瀬戸中央に五通岩灯台があり,天草側の鬼池港と島原側の口之津港との間に雲仙天草観光フェリーが就航している。【岩本 政教

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕早崎瀬戸(はやさきせと)


長崎県島原(しまばら)半島南端と熊本県天草下(あまくさしも)島北岸の間の海峡。有明(ありあけ)海の西口をなす。最大潮流は西流6.7ノット、東流6.1ノットに達し、海底地形が複雑で渦潮(うずしお)が発生する。タイ・タコの好漁場で、小型漁船が多数出漁する。口之津(くちのつ)港と鬼池(おにいけ)港間に観光フェリーが通じる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早崎瀬戸
はやさきせと

熊本県西部、天草下島(あまくさしもしま)北端と島原半島南端との間にある瀬戸。幅約4.5キロメートルで、島原湾の入口にあたる。潮流が速いうえ、渦潮の発達も著しいので、瀬戸中央に五通礁(ごつうしょう)灯台、島原側に瀬詰(せづめ)埼灯台がそれぞれ配されている。また天草側の天草市五和(いつわ)町鬼池港と島原側の南島原市口之津(くちのつ)町口之津港との間にはフェリーボートが就航している。早崎海峡、瀬詰ノ瀬戸ともいう。[山口守人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

早崎瀬戸の関連キーワード湯島(熊本県)南島原(市)加津佐[町]口之津[町]五和[町]南島原市海底地形天草諸島天草市せとか渦潮北岸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

早崎瀬戸の関連情報