コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島原湾 しまばらわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島原湾
しまばらわん

九州西部,有明海のうち,島原半島天草諸島宇土半島に囲まれた海域干満の差が大きい湾で,早崎瀬戸を経て外海天草灘に通じる。宇土半島北岸はノリの養殖が発達。島原市宇城市との間にフェリーが就航し,西九州の重要な観光ルートを結ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

島原湾【しまばらわん】

九州北西部,福岡,佐賀,長崎,熊本の4県に囲まれた内海。北は有明海,南は八代海に接する。東岸では流入土砂による干潟が発達し,多数の干拓地がある。また干満の差が激しいことでも知られ,湾口では潮流もはやい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しまばらわん【島原湾】

九州本島の北西部,福岡,佐賀,長崎,熊本の4県に囲まれた内海。《水路誌》では西は早崎瀬戸を経て外海の天草灘に,南は本渡(ほんど),三角(みすみ),柳の各瀬戸で八代(やつしろ)海に通じる海域全体を島原湾と呼び,湾奥部の浅い海面を有明海と通称する。一般には島原湾全体を有明海と呼ぶことが多いが,狭義には熊本県長洲町と長崎県国見町を結ぶ線以北を有明海,以南を島原湾と呼ぶ。湾は陥没によって生成し,西の島原半島側は水深40m前後と深いが,東の熊本県側は菊池川白川緑川などの諸河川から流入する土砂で浅くなって干潟が発達し,藩政時代からの干拓地が広い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しまばらわん【島原湾】

熊本・福岡・佐賀・長崎の四県に囲まれた内海。島原半島南端と天草下島の間の早崎はやさき瀬戸を湾口とし、特に湾奥の浅い海域一帯を有明海という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島原湾
しまばらわん

九州の西部にある内湾。面積1530平方キロメートル。面積と湾入の長さでは、鹿児島湾、大阪湾、伊勢(いせ)湾、東京湾とともに日本の五大湾入を示す。湾口は狭く三角(みすみ)、柳(やなぎ)、本渡(ほんど)の瀬戸を隔てて八代海(やつしろかい)に、早崎(はやさき)瀬戸を隔てて天草灘(あまくさなだ)に通ずる。海図では、全海域を島原海湾、湾奥部をとくに有明(ありあけ)海とし、20万分の1の地勢図では、中部・南部を島原湾、北部を有明海としている。一般には、水深30メートル、透明度2メートル、干潮時の干潟の広さ、泥土の厚み(底質)などによって区分し、長洲(ながす)(熊本県)―多比良(たいら)(長崎県雲仙(うんぜん)市)を結ぶ線(現在フェリーボートを通ずる)付近を境界に、北部を有明海、南部を島原湾としている。ビュルム氷期の最低海水準の時期(約1万8000年前)には筑後(ちくご)川、嘉瀬(かせ)川などの諸川は南部で一本化し、白(しら)川を合流、早崎瀬戸を河口としたであろう。瀬戸には水深130~150メートルの海釜(かいふ)があり、当時の河床と推定されている。また、およそ1万年前には、水深30メートルの線が海岸線であったと推定されている。[石井泰義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

島原湾の関連キーワード小岱山県立自然公園熊本県玉名郡長洲町湯島(熊本県)有明(熊本県)大浜(熊本県)熊本県宇土市河内(熊本)熊本県熊本市横島[町]熊本[市]深江[町]三角ノ瀬戸長洲[町]岱明〈町〉島原[市]蔵々ノ瀬戸横島〈町〉熊本[県]有家[町]本渡瀬戸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島原湾の関連情報