コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早川二郎 はやかわ じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早川二郎 はやかわ-じろう

1906-1937 昭和時代前期の歴史学者。
明治39年1月26日生まれ。プロレタリア科学研究所,唯物論研究会にはいり,ソ連事情,ソ連史学の翻訳・紹介をおこなう。のち日本古代史などを研究。昭和12年11月8日奥秩父登山中,遭難死。32歳。東京出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。本名は小出民声(こいで-みんせい)。著作に「日本歴史読本」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早川二郎
はやかわじろう
(1906―1937)

昭和初期の唯物史観による歴史研究者、翻訳家。本名小出民声(こいでみんせい)。東京生まれ。1929年(昭和4)東京外国語学校露語部文科卒業。在学中より翻訳・出版にかかわり、のち『無産者教育』(佐野袈裟美(けさみ)主催)、プロレタリア科学研究所、唯物論研究会などに所属しつつ、ソビエト事情およびソビエト史学の翻訳・紹介を行う。33年アジア的生産様式論争に参加、ついで日本歴史の研究に入り、大化改新以後を国家的封建制とする説を主唱、渡部義通(わたなべよしみち)らと奴隷制論争を展開、また啓蒙(けいもう)的な通史の叙述も行う。昭和12年11月8日、秩父(ちちぶ)山中の将監(しょうげん)小屋にて遭難死。[原秀三郎]
『『早川二郎著作集』全四巻(1978~85・未来社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

早川二郎の関連キーワード早川 二郎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android