コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早川幸男 はやかわ さちお

2件 の用語解説(早川幸男の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早川幸男 はやかわ-さちお

1923-1992 昭和後期-平成時代の宇宙物理学者。
大正12年10月16日生まれ。東京帝大在学中,朝永(ともなが)振一郎の指導をうける。大阪市立大助教授,京大教授をへて,昭和34年名大教授,62年学長。宇宙線理論,X線天文学などの基礎をきずいた。平成3年学士院賞。平成4年2月5日死去。68歳。愛媛県出身。著作に「Cosmic Ray Physics(宇宙線物理学)」「宇宙線」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早川幸男
はやかわさちお
(1923―1992)

宇宙物理学者素粒子物理学者。愛媛県新居浜(にいはま)市に生まれる。1945年(昭和20)東京大学理学部物理学科を卒業。中央気象台気象研究所などを経て、1949年に大阪市立大学の講師となり翌年助教授。1951年にマサチューセッツ工科大学招待教授、1954年より京都大学基礎物理学研究所教授、1959年名古屋大学理学部教授となり、1987年名古屋大学学長に就任したが、1992年(平成4)2月5日在職のまま死去した。1991年日本学士院賞受賞。
 東京大学で朝永振一郎(ともながしんいちろう)の指導のもとで素粒子・宇宙線の研究を始めた。宇宙線の研究では、軽元素の存在比などから、宇宙線の起源を超新星と想定している。また、天文物理学の新しい分野であるX線天文学に注目、とくに観測的研究を重視し、X線観測衛星「はくちょう」の打上げに貢献した。その後も宇宙空間(スペース)天文学の研究に取り組み、重力波の検証にも意欲をもっていた。日本天文学会理事長を務め、死後、1993年に同学会において早川幸男基金が設立されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

早川幸男の関連キーワードドイツ統一アナール学派自衛隊ユーゴ紛争尾崎 豊奥健蔵キネマ旬報日活(株)チェコ文学大石まどか

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone