コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早川正紀 はやかわまさのり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早川正紀
はやかわまさのり

[生]元文4(1739).江戸
[没]文化5(1808).江戸
江戸時代中期の幕府代官。天明7 (1787) 年美作国久世の代官となり,また備中国笠岡の代官も兼ね,その在任中治水,農事改良,養蚕振興などの治績をあげ領民から慕われた。領民教化のための著書『久世政教』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早川正紀 はやかわ-まさとし

1739-1808 江戸時代中期-後期の武士。
元文4年生まれ。幕府代官。天明7年(1787)美作(みまさか)(岡山県)久世(くせ)代官となり,赤子間引きを禁止し,典学館を創設。「久世条教」を刊行して領民の教育につとめた。のち関東代官。文化5年11月10日死去。70歳。本姓は和田。通称は八郎左衛門。名は「まさのり」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早川正紀
はやかわまさとし
(1739―1808)

江戸後期の幕府代官。通称伊兵衛(いへえ)、八郎左衛門(はちろうざえもん)。井上河内守家臣和田直舎の次男に生まれ、のち田安(たやす)家の家臣早川正(まさのぶ)の養子となったが、1766年(明和3)宗家の早川正与(まさとも)の死後、その家督を相続する。69年に勘定(かんじょう)となり、関東の河川普請(ふしん)などに従事し、81年(天明1)代官に就任して出羽国尾花沢(おばなざわ)陣屋(山形県)に赴任する。天領の勧農殖産や飢饉(ききん)の救済など民政に尽力し、87年美作(みまさか)国久世(くせ)代官(岡山県)に転任、翌年備中(びっちゅう)国笠岡(かさおか)および倉敷(くらしき)代官(岡山県)を一時兼任する。在任中、子間引(こまびき)の禁止、教諭所や久世典学館(てんがくかん)の創設、教諭書「久世条教(じょうきょう)」の配布、また、治水工事や備中吉岡銅山の復興に努めた。1801年(享和1)関東代官となり武蔵(むさし)国久喜(くき)陣屋(埼玉県)に移って10万石を支配、小児養育、河川改修、学問所の遷善館(せんぜんかん)を開設する。代官在職28年、その間の事績をたたえ、武蔵国八条(はちじょう)(埼玉県八潮(やしお)市)や美作国久世に「遺愛碑」、笠岡に「思徳之碑」などの記念碑がある。[村上 直]
『永山卯三郎著『早川代官』(1929・岡山県教育会/復刻版・1971・巌南堂書店) ▽村上直著『江戸幕府の代官』(1983・国書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の早川正紀の言及

【美作国】より

…また民間からは石井宗謙があらわれシーボルトに学び蘭方医として活躍した。1796年(寛政8)久世代官早川正紀(まさのり)は久世の有志を誘導して典学館(てんがくかん)を設け領民の風俗匡正のため教育を振興し,また英田郡土居村の安東正虎らは,村塾として行余学堂を設けたが,師匠河野鉄兜(てつとう)の影響もあって安東鉄馬ら草莽の志士を輩出した。民間では地下芝居が発達し,各地に舞台が設けられたが,とくに那岐山の麓では農村歌舞伎,湯本では人形浄瑠璃がひろまり,民衆の間で人気を高めた。…

※「早川正紀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

早川正紀の関連キーワード久世(岡山県)笠岡(市)岡田寒泉菊池正因

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android