コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星座早見盤 せいざはやみばんplanisphere

翻訳|planisphere

2件 の用語解説(星座早見盤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

星座早見盤
せいざはやみばん
planisphere

地球上のある緯度の地点で見える範囲の天球図を1枚の円盤に描き,その上に卵形の穴のあいた別の円盤を重ねたもの。卵形の穴は,ある時刻の可視天球の規模に調節してあるので,周辺の数字に合せて下の円盤を回転させることにより,任意の季節,任意の時刻の天球の星座配置を知ることができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

星座早見盤
せいざはやみばん

星座早見ともいう。天球を平面化したもので、任意の月・日・時刻における星空のようすを簡単に知ることができるようになっている。天の北極を中心に星座を描いた円盤に、楕円(だえん)形の窓をもつ円盤を重ね合わせ、両方の円盤の外周に刻まれた月日の目盛りと時刻目盛りを合致させると、見たい月日のその時刻の星空のようすが楕円形の窓に現れる仕組みになっている。北半球用では、南の地平近い星座の形が実際の形より大きくゆがんで描かれているのが欠点である。天球に似せた椀(わん)形のもの、星座の絵を描き込んだもの、星が蓄光インキで蛍光を放つように光るものなど、さまざまにくふうしたものが発売されている。また星座早見と同様に、コンピュータ画面上に星空シミュレーションをするための星座ソフトも発売されている。[藤井 旭]
『磯部三著『星空へのガイドブック――スカイウォッチングを楽しもう』(1988・丸善) ▽藤井旭著『星が光る星座早見図鑑』(1995・偕成社) ▽藤井旭著『ヴィジュアル版星座図鑑』(1999・河出書房新社) ▽日本天文学会編『三省堂世界星座早見』(2003・三省堂) ▽藤井旭企画・構成『万能星座早見』各年版(誠文堂新光社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

星座早見盤の関連情報