コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日政治 カスガマサジ

4件 の用語解説(春日政治の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かすが‐まさじ〔‐まさヂ〕【春日政治】

[1878~1962]国語学者。長野の生まれ。京大卒。奈良女高師・九大教授。平安初期の古経典を研究、訓点語学の基礎を築く。「西大寺本金光明最勝王経古点の国語学的研究」で学士院賞。他に「仮名発達史序説」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

春日政治【かすがまさじ】

国語学者。長野県生れ。京大文学科卒。国語史,ことに仮名や古訓点の研究に業績が多い。主著は《西大寺本金光明最勝王経古点の国語学的研究》《国語叢考》《古訓点の研究》等。
→関連項目国語学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春日政治 かすが-まさじ

1878-1962 大正-昭和時代の国語学者。
明治11年4月1日生まれ。奈良女高師教授をへて大正15年(1926)九州帝大教授となる。平安時代初期の古経典を調査して訓点語学の基礎をきずいた。昭和20年「西大寺本金光明最勝王経古点の国語学的研究」で学士院賞。昭和37年6月30日死去。84歳。長野県出身。京都帝大卒。著作はほかに「仮名発達史序説」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かすがまさじ【春日政治】

1878~1962) 国語学者。長野県生まれ。九大教授。訓点語研究の発展に努めた。著「西大寺本金光明最勝王経古点の国語学的研究」「古訓点の研究」「仮名発達史序説」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

春日政治の関連キーワード東京(都)みかんぐみ角閃石黒雲母花崗岩藤村志保北島三郎チェコ文学エアトンメンデンホールローレンツ金子堅太郎

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone