コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日部市 かすかべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春日部〔市〕
かすかべ

埼玉県東部,古利根川中川江戸川の流域にある都市。東で千葉県に接する。 1944年粕壁町と内牧村が合体して春日部町となり,1954年豊春村,武里村,幸松村,豊野村の4村と合体して市制。 2005年庄和町と合体。中世は新田義貞の家臣春日部氏の所領で,春日部郷といった。中心市街地の粕壁は江戸時代には日光街道の宿場町,近隣農村相手の市場町として繁栄。明治期以後は桐たんす麦わら帽子の産地として有名になった。 1950年代半ばから東京への通勤圏として都市化が進み,1967年武里団地 (約 6000戸) が完成した。製薬や乳業の工場も立地。中部の牛島にはフジの巨木があり,国の特別天然記念物に指定。北東部の宝珠花で毎年5月に行なわれる大凧揚げは有名。東武鉄道伊勢崎線,野田線が交差。国道4号線,16号線などが通る。面積 66km2。人口 23万2709(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かすかべ‐し【春日部市】

春日部

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

春日部市の関連情報