春眠暁を覚えず(読み)しゅんみんあかつきをおぼえず

故事成語を知る辞典「春眠暁を覚えず」の解説

春眠暁を覚えず

春の眠りの心地よさをいうことば。

[使用例] いつの間に眠り、いつの間にが醒めたのか、記憶はハッキリしていない。正に鶏鳴荘の春眠を覚えずである[尾崎士郎*人生劇場 望郷篇|1952]

[由来] 七~八世紀の中国、唐王朝の時代の詩人もうこうねんの「しゅんぎょう」というの一句。全体では、「春眠暁を覚えず、処々しょしょていちょうを聞く。夜来風雨の声、花落つること知る多少(春の眠りは心地よくて、明け方になったのも気がつかず、鳥があちこちでさえずる声で目を覚ます。そういえば昨晩から雨の音がしていたが、花はどれほど散っただろうか)」とうたっています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

ことわざを知る辞典「春眠暁を覚えず」の解説

春眠暁を覚えず

春の夜の眠りは、夜が明けたことも気づかないほど心地よく、なかなか目が覚めない。

[使用例] 四月十三日、眠りの楽しい時である。春眠暁を覚えず、所々に啼鳥を聞く――朝寝をするに一番いい時。七時すぎ八時近くなっても武蔵は起き出てこない[直木三十五*巖流島|1927]

[解説] 孟浩然の詩「春暁」の一節ですが、今日では、決まり文句の一種としてよく使われます。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「春眠暁を覚えず」の解説

しゅんみん【春眠】 暁(あかつき)を覚(おぼ)えず

(孟浩然の「春暁詩」の「春眠不暁、処処聞啼鳥」から) 春の夜は短い上に、気候がよく寝心地がよいので、夜の明けたのも知らずに眠りこんで、なかなか目がさめないという意。
※歌舞伎・鼠小紋東君新形(鼠小僧)(1857)五幕「春眠暁(シュンミンアカツキ)を覚(オボ)えずと、詩に聯(つら)ねし如く、春の睡気にとろとろと一睡催し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「春眠暁を覚えず」の解説

春眠しゅんみんあかつきおぼえず

孟浩然「春暁」から》春の夜はまことに眠り心地がいいので、朝が来たことにも気付かず、つい寝過ごしてしまう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android