春眠暁を覚えず(読み)シュンミンアカツキヲオボエズ

デジタル大辞泉の解説

春眠(しゅんみん)暁(あかつき)を覚えず

孟浩然春暁」から》春の夜はまことに眠り心地がいいので、朝が来たことにも気付かず、つい寝過ごしてしまう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅんみんあかつきをおぼえず【春眠暁を覚えず】

〔孟浩然の詩「春暁」に「春眠不暁処々聞啼鳥」とあるのによる〕
春の夜は短い上に寝心地よく、暁になってもなかなか目がさめない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅんみん【春眠】 暁(あかつき)を覚(おぼ)えず

(浩然の「春暁詩」の「春眠暁、処処聞啼鳥」から) 春の夜は短い上に、気候がよく寝心地がよいので、夜の明けたのも知らずに眠りこんで、なかなか目がさめないという意。
※歌舞伎・鼠小紋東君新形(鼠小僧)(1857)五幕「春眠暁(シュンミンアカツキ)を覚(オボ)えずと、詩に聯(つら)ねし如く、春の睡気にとろとろと一睡催し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春眠暁を覚えずの関連情報