春色(読み)シュンショク

デジタル大辞泉の解説

しゅん‐しょく【春色】

春の景色。春景。また、春の気配。「春色濃い山々」 春》
なまめかしい姿やようす。
「芸者は新橋の精選(よりぬき)と見えて。流石(さすが)に―も見える」〈紅葉・二人女房〉

はる‐いろ【春色】

春らしい色。桜色や若草色など、春を連想させる色。「春色スカーフ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅんしょく【春色】

春のようす。春の景色。春光。 [季] 春。
なまめかしく、色っぽいようす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅん‐しょく【春色】

〘名〙
① 春の景色。春の色。春光春景。《季・春》
懐風藻(751)春日〈巨勢多益須〉「玉管吐陽気、春色啓禁園
※五音曲条々(1429‐41頃)「桜も、〈略〉もろこし、我朝の春色をなす景物たり」 〔唐太宗‐元日詩〕
② なまめかしい様子。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「芸者は新橋の精選(よりぬき)と見えて、流石に可憐の春色(シュンショク)も見える」
③ 酒の異称。
※蔗軒日録‐文明一七年(1485)四月五日「招一衆、賞宗椿居士所贈之春色并饅頭云々」
[補注](②について) 為永春水作の人情本の題名にこの意で多用されている。「春色梅児誉美」「春色辰巳園」「春色英対暖語」「春色梅美婦禰」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春色の関連情報