コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春色 シュンショク

デジタル大辞泉の解説

しゅん‐しょく【春色】

春の景色。春景。また、春の気配。「春色濃い山々」 春》
なまめかしい姿やようす。
「芸者は新橋の精選(よりぬき)と見えて。流石(さすが)に―も見える」〈紅葉・二人女房〉

はる‐いろ【春色】

春らしい色。桜色や若草色など、春を連想させる色。「春色スカーフ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅんしょく【春色】

春のようす。春の景色。春光。 [季] 春。
なまめかしく、色っぽいようす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

春色の関連キーワード為永春水(初代)酒は憂いの玉箒万緑叢中紅一点憂えを掃う玉帚春色梅児誉美初代為永春水打っこ抜く琵琶湖八景法雲寺春色春色辰巳園聞くならく梅児誉美春色梅暦萩原乙彦為永春友立亭京楽条野採菊為永春雅為永春水松本典子

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春色の関連情報