時代世話(読み)ジダイセワ

世界大百科事典 第2版の解説

じだいせわ【時代世話】

歌舞伎狂言の分類の一つである世話物のうち,誇張された様式的な時代物風な演技・演出を随所に挿んだ世話物を〈時代世話〉という。たとえば《青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)》《曾我綉俠御所染(そがもようたてしのごしよぞめ)》などが〈時代世話〉といえる。これと対極にある世話物が《鼠小紋東君新形(ねずみこもんはるのしんがた)》など,河竹黙阿弥のいわゆる〈生世話(きぜわ)〉である。【藤田 洋】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じだいせわ【時代世話】

浄瑠璃・歌舞伎で、時代物と世話物の両要素がないまぜになっている脚本や演出。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の時代世話の言及

【歌舞伎】より

…《曾根崎心中》《心中天の網島》《宿無団七時雨傘(やどなしだんしちしぐれのからかさ)》《五大力恋緘》《夏祭浪花鑑》《双蝶々曲輪日記(ふたつちようちようくるわにつき)》などは前者の例,《東海道四谷怪談》《八幡祭小望月賑(はちまんまつりよみやのにぎわい)》《鼠小紋東君新形(ねずみこもんはるのしんがた)》《三人吉三廓初買》《蔦紅葉宇都谷峠》などが後者の例である。もっとも,鶴屋南北や河竹黙阿弥など,江戸作者の手になる世話物は,全体の構想が時代物ないしお家物の世界にからませてある場合が多く,演技や演出もおのずから一般の世話物より様式化されたものになるので,それらを厳密にいうときは,〈時代世話〉または〈お家世話〉と呼ばねばならないものが多い。歌舞伎の作劇には長い歴史があるために社会情勢に従っての変遷があり,厳格な概念規定による分類は行いがたいことも生ずる。…

【義太夫節】より

…そして作曲・演奏の様式を異にしている。なお,時代と世話をないまぜにしたものに,《新薄雪物語》のような時代世話がある。 時代物の構成は五段を基本とする。…

※「時代世話」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プチプラ

値段が安いことを表す日本の俗語。「プチ(小さい)プライス(価格)」の略。ほとんどの場合、女性用のファッションアイテム・化粧品・香水・雑貨などのジャンルで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時代世話の関連情報