コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景浦将 カゲウラマサル

3件 の用語解説(景浦将の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かげうら‐まさる【景浦将】

[1915~1945]プロ野球選手。愛媛の生まれ。昭和11年(1936)大阪タイガース阪神の前身)に入団。投打に好成績を収め、巨人エース沢村栄治好敵手として活躍した。同20年フィリピンで戦死。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

景浦将 かげうら-まさる

1915-1945 昭和時代前期のプロ野球選手。
大正4年7月20日生まれ。立大を中退して昭和11年阪神タイガースに入団,投手,三塁手,外野手として活躍した。首位打者1回,打点王2回。通算307安打,2割7分1厘,25本塁打,222打点。昭和20年5月20日フィリピンで戦死。31歳。40年野球殿堂入り。愛媛県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

景浦将
かげうらまさる
(1915―1945)

プロ野球選手(外野手:右投右打)。7月20日、愛媛県生まれ。松山商の投手兼三塁手として1932年(昭和7)春の選抜大会で優勝し、夏の甲子園でも準優勝した。立教大学進学後は、おもに外野手として強打をふるった。1936年、大学を中退して大阪タイガース(現、阪神タイガース)結成と同時に入団し、4番・三塁手として打線の中心を担い、優勝決定戦では、東京巨人(現、読売ジャイアンツ)のエース・沢村栄治から特大のホームランを放ったが敗れ、優勝を逸した。2年目の1937年春には打点王、同年秋は首位打者となって沢村の前に立ちはだかった。さらに決定戦でも沢村を攻略して日本一となり、雪辱してみせた。また投手としても活躍し、1936年秋には最優秀防御率を獲得、1937年春は防御率2位で、タイトルを握った沢村に肉薄、投打両面において、沢村最大のライバルとして激しい戦いを演じた。1938年春は2回目の打点王を獲得したが、1940年から1942年まで兵役につき、1943年の1シーズンだけ復帰すると、1944年にはふたたび従軍、翌1945年フィリピンで戦死し、30歳で世を去った。[出村義和]
 実働5年間の打者としての通算成績は、出場試合323、安打307、打率2割7分1厘、本塁打25、打点222。獲得したおもなタイトルは、首位打者1回、打点王2回。投手としての通算成績は、登板試合56、投球回274と3分の1、27勝9敗、防御率1.57、奪三振134、完投10、完封2。獲得したおもなタイトルは、最優秀勝率1回、最優秀防御率1回。1965年(昭和40)に野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

景浦将の関連キーワード大下弘池田豊大杉勝男河野安通志小西得郎中河美芳西村幸生張本勲鬼頭数雄福井覚治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

景浦将の関連情報