コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景浦将 カゲウラマサル

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

景浦将 かげうら-まさる

1915-1945 昭和時代前期のプロ野球選手。
大正4年7月20日生まれ。立大を中退して昭和11年阪神タイガースに入団,投手,三塁手,外野手として活躍した。首位打者1回,打点王2回。通算307安打,2割7分1厘,25本塁打,222打点。昭和20年5月20日フィリピンで戦死。31歳。40年野球殿堂入り。愛媛県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

景浦将
かげうらまさる
(1915―1945)

プロ野球選手(外野手:右投右打)。7月20日、愛媛県生まれ。松山商の投手兼三塁手として1932年(昭和7)春の選抜大会で優勝し、夏の甲子園でも準優勝した。立教大学進学後は、おもに外野手として強打をふるった。1936年、大学を中退して大阪タイガース(現、阪神タイガース)結成と同時に入団し、4番・三塁手として打線の中心を担い、優勝決定戦では、東京巨人(現、読売ジャイアンツ)のエース・沢村栄治から特大のホームランを放ったが敗れ、優勝を逸した。2年目の1937年春には打点王、同年秋は首位打者となって沢村の前に立ちはだかった。さらに決定戦でも沢村を攻略して日本一となり、雪辱してみせた。また投手としても活躍し、1936年秋には最優秀防御率を獲得、1937年春は防御率2位で、タイトルを握った沢村に肉薄、投打両面において、沢村最大のライバルとして激しい戦いを演じた。1938年春は2回目の打点王を獲得したが、1940年から1942年まで兵役につき、1943年の1シーズンだけ復帰すると、1944年にはふたたび従軍、翌1945年フィリピンで戦死し、30歳で世を去った。[出村義和]
 実働5年間の打者としての通算成績は、出場試合323、安打307、打率2割7分1厘、本塁打25、打点222。獲得したおもなタイトルは、首位打者1回、打点王2回。投手としての通算成績は、登板試合56、投球回274と3分の1、27勝9敗、防御率1.57、奪三振134、完投10、完封2。獲得したおもなタイトルは、最優秀勝率1回、最優秀防御率1回。1965年(昭和40)に野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

景浦将の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット原子爆弾投下[各個指定]芸能部門対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)高校野球第二次世界大戦

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

景浦将の関連情報