コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晶質 ショウシツ

百科事典マイペディアの解説

晶質【しょうしつ】

クリスタロイドとも。かつてコロイドに対して用いられた。溶液中に溶質として存在する物質で,半透膜を通過し容易に拡散するもの(無機塩類,ショ糖など)について,T.グレアムが与えた名称。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

晶質

 溶液中で半透膜を通過する物質.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうしつ【晶質】

純水中での拡散速度が大きく、水溶液から結晶として取り出しやすい物質の総称。無機塩類や低分子有機物がこれに入る。1861年、イギリスの化学者グレアムが提出した物質の分類で、コロイド(膠質)に対する。現代の化学ではほとんど用いられない用語。クリスタロイド。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

晶質
しょうしつ
crystalloid

クリスタロイドともいう。コロイドの命名者であるイギリスのグレアムが、コロイドをつくる物質を膠質(こうしつ)とよぶのに対応して、真の溶液を与えて結晶化しやすい物質を晶質であるとした。コロイド、とくにコロイド水溶液を与える物質には、分子量が大きく、半透膜を通らず、容易には結晶化しないものが多い。一方、無機塩や低分子量有機化合物には、真の溶液となり、膀胱(ぼうこう)膜のような半透膜ならば通過し、溶液から容易に結晶化するものが多い。これらの経験的事実からグレアムは、固体物質は膠質と晶質とに分類されると考えた。しかし、金のように金属結晶となるものがコロイド溶液になったり、分子量の大きな有機化合物の結晶も得られることから、膠質と晶質との分類は物質の基本的性質に基づくものではないことがわかり、現在ではほとんど使われていない。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

晶質の関連キーワードフェルシフィリック組織ハイポハイアライン組織リューコフィライドリムノコーツァイトグラニフィリックオパサイト化作用アモルファス合金メタスタビライトシリシルタイトフェルソ安山岩安山岩状組織ムタビライト湖沼チョーク珪長岩質組織ヴェナンゾ岩フェルサイドリソイダイト半自形変晶質キラウェア岩アモルファス

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android