コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智幽 ちゆう

2件 の用語解説(智幽の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

智幽 ちゆう

1666-1752 江戸時代前期-中期の僧。
寛文6年1月30日生まれ。天台宗比叡山(ひえいざん)安楽律院で妙立(みょうりゅう),霊空にまなび,宝永3年同院3世となる。安楽律をひろめ,50あまりの寺をつくるなど興隆につとめ,妙立,霊空とならぶ安楽律院三大和尚のひとりとされた。宝暦2年5月13日死去。87歳。伊勢(三重県)出身。俗姓は茨木。字(あざな)は玄門。著作に「四明十義書聴記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちゆう【智幽】

1666‐1752(寛文6‐宝暦2)
江戸前期の天台律僧。字は玄門,伊勢安濃津の出身。1679年(延宝7)13歳で伊勢国一乗寺順渉に仕え,翌年尾張観心院珍舞の下で剃髪。17歳のとき叡山にのぼり,西塔喜見院に住して天台を学び,84年(貞享1)妙立慈山の弟子となり,その寂後は安楽院(現,安楽律院)の霊空光謙に仕えた。霊空のあと1706年(宝永3)住持をつぎ,東叡山浄名律院ができると江戸城に謝意を言上し,日光山興雲律院が創建されると赴いて清規をつくった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

智幽の関連キーワード談義本ナッシュ滑稽本智幽火災保険大老波の伊八飯田口説亀田鵬斎彭城百川

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone