コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暁月 ギョウゲツ

デジタル大辞泉の解説

ぎょう‐げつ〔ゲウ‐〕【暁月】

明け方の月。
「―将に遠山に没せんとす」〈織田訳・花柳春話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょうげつ【暁月】

1265~1328) 鎌倉末期の狂歌師。俗名、冷泉為守れいぜいためもり。藤原為家の子。母は阿仏尼。和歌をよくしたが、出家後は狂歌を好み、「狂歌酒百首」などの先駆的狂歌集を残した。暁月坊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

暁月の関連キーワード万載狂歌集山果亭紫笛新撰狂歌集有り付き唐衣橘洲箱入り娘藤原為家冷泉為守明け方遠山付き隣境跳ね狂歌艶麗小簾

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android