有田市(読み)ありだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有田〔市〕
ありだ

和歌山県北西部,有田川下流域の市。紀伊水道に臨む。 1954年箕島町と保田村,宮原村,糸我村が合体して有田町となり,1956年市制。 1962年に初島町を編入。古くから有田みかんの特産地として知られ,有田川河口の港でもある中心市街地の箕島は,ミカンの積出港として繁栄。現在もミカンの生産量は県内有数で,周辺の山地斜面はほとんどミカン園。有田川流域を商圏とする商業中心地でもあり,蚊取り線香の生産は伝統工業。殺虫剤や農薬の生産も行なわれる。北西部の初島には石油精製工場があり,海南市から続く石油化学工業地域を形成。漁業も行なわれ,河口左岸の辰ヶ浜は打瀬網漁業の根拠地。広利寺,浄妙寺,須佐神社など古社寺が多い。明恵紀州遺跡卒都婆は国の史跡に指定されている。海岸線一帯は西有田県立自然公園に属し,JR紀勢本線,国道 42号線,480号線が通じる。面積 36.89km2。人口 2万8470(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有田市の関連情報