コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有田川 ありだがわ

7件 の用語解説(有田川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有田川
ありだがわ

和歌山県中北部を西流する川。高野山に源を発し,有田市で紀伊水道に注ぐ。全長約 67km。上・中流部では穿入蛇行し,下流の金屋付近からは狭い沖積平野が発達。河口はリアス海岸の突出部にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ありだ‐がわ〔‐がは〕【有田川】

和歌山県北部を流れる川。高野山に源を発し、有田市で紀伊水道に注ぐ。長さ67キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

有田川【ありだがわ】

和歌山県中北部を西流する川。長さ80km。高野山の南に発し,古生層からなる600〜1000mの山中に深い曲流流路をつくり,金屋町(現・有田川町)から下流には谷底平野を形成し,箕島(有田市)で紀伊水道に注ぐ。
→関連項目阿【て】河荘金屋[町]紀伊山地吉備[町]清水[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ありだがわ【有田川】

高野山を水源とし,紀伊水道に注ぐ川。幹川流路延長94km,全流域面積468km2。北は長峰山脈に,南は白馬山脈によって限られ,和歌山県の北寄りをほぼ東西に流れる。流域は上流の伊都郡花園村を除き,清水町,金屋町,湯浅町,有田市は旧有田郡に属して,行政的にもまとまりをなしてきた。地質的には紀北の古生層と紀中の中生層の接触地帯にあたり,複雑である。上流は,和歌山県の最高峰護摩壇山をはじめ,1000mをこす険しい山が連なり,深い渓谷をなして有田川およびその支流が蛇行しながら流れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ありだがわ【有田川】

和歌山県北部を流れる川。紀伊山地の陣ヶ峰付近に源を発し、西流して有田市で紀伊水道に注ぐ。長さ80キロメートル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕有田川(ありだがわ)


和歌山県北部を流れる川。2級河川(有田川水系)。延長67km。紀伊(きい)山地北西部の高野(こうや)山付近に源を発し、曲流しつつ西流して有田市で紀伊水道に注ぐ。古くから暴れ川として知られ、1953年(昭和28)には地滑りを伴う大水害が発生した。1967年に洪水調節を主目的とする二川(ふたがわ)ダムが造成された。下流域は有田ミカンの主産地。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有田川
ありだがわ

和歌山県北部を流れる川。高野山(こうやさん)の御殿(おど)川に源を発し、西流して有田市箕島(みのしま)で紀伊水道に注ぐ。延長67.2キロメートル、流域面積約430平方キロメートル。上流部を除きほぼ有田郡全域を流域とすることから有田川とよばれる。もとは在田川と書いた。北側は高野山から西走する長峰(ながみね)山脈、南側は護摩壇山(ごまだんざん)から西走する白馬(しろうま)山脈で、古生層と中生層の境界線を流れ、中流部に地すべり地帯がある。1953年(昭和28)7月16日全流域に及ぶ大災害があり、1967年清水(しみず)町(現、有田川町)二川(ふたかわ)に防災ダムがつくられた。下流一帯は有田ミカンの中心的栽培地で、かつては川船で河口箕島北湊(きたみなと)に運ばれた。古くからの農用井堰(いせき)も多い。アユが放流され、有田市では鵜飼(うかい)(県指定無形民俗文化財)が行われる。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有田川の関連キーワード小櫃川勝浦川紀伊水道木曾川那賀川有栖川水源地生田浄水場下津〈町〉高野山天龍

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

有田川の関連情報