有田川(読み)ありだがわ

  • ありだがわ ‥がは
  • ありだがわ〔がは〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和歌山県中北部を西流する高野山を発し,有田市紀伊水道に注ぐ。全長約 67km。上・中流部では穿入蛇行し,下流金屋付近からは狭い沖積平野が発達。河口リアス海岸の突出部にある。流域山地は北側が古生層,南側が中生層で,両者を分ける東西線に沿って流れる。しばしば洪水起り,特に 1953年7月には上流域の花園村で集落埋没の大災害を引起した。現在氾濫原となった水田は果樹園となっている。上流域はスギヒノキを中心とする木材の産地,中・下流域はミカンの栽培中心地。中流に 67年完成の二川ダムがある。付近一帯は生石 (おいし) 高原県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

和歌山県中北部を西流する川。長さ80km。高野山の南に発し,古生層からなる600〜1000mの山中に深い曲流流路をつくり,金屋町(現・有田川町)から下流には谷底平野を形成し,箕島(有田市)で紀伊水道に注ぐ。古くは阿手河などとみえ,13世には木材の(いかだ)流しが行われていた。平野部は有田ミカンの大産地。
→関連項目阿【て】河荘金屋[町]紀伊山地吉備[町]清水[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

高野山を水源とし,紀伊水道に注ぐ川。幹川流路延長94km,全流域面積468km2。北は長峰山脈に,南は白馬山脈によって限られ,和歌山県の北寄りをほぼ東西に流れる。流域は上流の伊都郡花園村を除き,清水町,金屋町,湯浅町,有田市は旧有田郡に属して,行政的にもまとまりをなしてきた。地質的には紀北の古生層と紀中の中生層の接触地帯にあたり,複雑である。上流は,和歌山県の最高峰護摩壇山をはじめ,1000mをこす険しい山が連なり,深い渓谷をなして有田川およびその支流が蛇行しながら流れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和歌山県北部を流れる川。高野山(こうやさん)の御殿(おど)川に源を発し、西流して有田市箕島(みのしま)で紀伊水道に注ぐ。延長67.2キロメートル、流域面積約430平方キロメートル。上流部を除きほぼ有田郡全域を流域とすることから有田川とよばれる。もとは在田川と書いた。北側は高野山から西走する長峰(ながみね)山脈、南側は護摩壇山(ごまだんざん)から西走する白馬(しろうま)山脈で、古生層と中生層の境界線を流れ、中流部に地すべり地帯がある。1953年(昭和28)7月16日全流域に及ぶ大災害があり、1967年清水(しみず)町(現、有田川町)二川(ふたかわ)に防災ダムがつくられた。下流一帯は有田ミカンの中心的栽培地で、かつては川船で河口箕島北湊(きたみなと)に運ばれた。古くからの農用井堰(いせき)も多い。アユが放流され、有田市では鵜飼(うかい)(県指定無形民俗文化財)が行われる。

[小池洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

和歌山県北部を東西に流れる川。高野山に源を発し、紀伊水道に注ぐ。全長六七・二キロメートル。在田川。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android