須佐神社(読み)スサジンジャ

百科事典マイペディアの解説

島根県簸川(ひかわ)郡佐田町(現・出雲市)に鎮座。旧国幣小社。須佐之男(すさのお)命をまつる。延喜式内社とされる。例祭ほかに竜王舞神事,百手(ももて)神事,切明(きりあけ)神事がある。
→関連項目佐田[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

△島根県出雲市▽、須佐川のほとりにある神社。延喜式内社。主祭神・須佐之男命(すさのおのみこと)の終焉の地と伝えられ、須佐大宮ともいう。ほかに稲田比売命(いなだひめのみこと)、足摩槌命(あしなづちのみこと)、手摩槌命(てなづちのみこと)を祀る。切明神事は県の無形文化財
△広島県三次市▽甲奴町の小童(ひち)地区にある神社。祭神は須佐之男命(すさのおのみこと)。地元では「おごっさん」とも呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島根県出雲(いずも)市佐田(さだ)町須佐に鎮座。主祭神は須佐之男命(すさのおのみこと)。『出雲国風土記(いずものくにふどき)』は、この神が自らの御魂をここに鎮め給(たも)うたと記す。式内社で、宮内など8か村の総氏神となり、中世には祭田200石を有したと伝えるが、山中幸盛(ゆきもり)(鹿之介(しかのすけ))らに奪取され、文禄(ぶんろく)の検地(太閤(たいこう)検地)以後は社領10石、のち30石に増した。古来、農耕・殖産・延寿の神として住民の信仰が厚く、武将や藩主の崇敬も受けた。旧国幣小社。例祭4月18、19日。切明(きりあけ)神事(8月15日、県の無形文化財)は、花笠(はながさ)を着けた6人が鉦(しょう)、太鼓をたたいてはだしで踊り、念仏踊の名で知られる。大社造の本殿は県の重要文化財、社宝に尼子晴久(あまごはるひさ)奉納の兵庫鎖太刀(ひょうごぐさりのたち)(国の重要文化財)がある。[平井直房]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 島根県出雲市佐田町にある神社。旧国幣小社。祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)・稲田姫命(いなだひめのみこと)・足名槌命(あしなずちのみこと)・手名槌命(てなずちのみこと)。須佐大宮。
[二] 和歌山県有田市千田(ちだ)にある神社。旧県社。祭神は素戔嗚命。和銅六年(七一三)の創建と伝える。お千田さん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android