コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部伸 はっとり しん

3件 の用語解説(服部伸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部伸 はっとり-しん

1880-1974 明治-昭和時代の浪曲師,講談師。
明治13年6月2日生まれ。浪曲師一心亭辰雄として啖呵(たんか)のよさで人気をえたが,昭和10年のどをいためて講談に転向,長谷川伸から名をもらって改名。「一本刀土俵入」「大石東下り」などを得意とし,90歳すぎまで高座をつとめた。昭和49年12月14日死去。94歳。東京出身。本名は辰次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はっとりしん【服部伸】

1880‐1974(明治13‐昭和49)
講談師。本名辰次郎。東京生れ。はじめ一心亭辰雄の名の浪曲師で,たんかのよさで売ったが,のどを痛めて1935年講談に転向。長谷川伸の名をもらい服部伸となった。《一本刀(いつぽんがたな)土俵入》《関の弥太っぺ》などの長谷川伸作品,それ以外では《は組小町》《大石東下り》などを得意にし,めりはりのきいた読み口で,90歳をこすまで高座をつとめていた。62年には芸術祭大賞をとっている。【矢野 誠一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

服部伸
はっとりしん
(1880―1974)

浪曲師、講釈師。東京・浅草生まれ。本名服部辰次郎(たつじろう)。12歳のとき、関東浪花節(なにわぶし)の祖である浪花亭駒吉(こまきち)に弟子入りし、駒子(こまこ)の名をもらい末弟子ながら将来を嘱望されていたが、1903年(明治36)浪花亭を返上し、一心亭辰雄(いっしんていたつお)と名のって独立。「節(ふし)の奈良丸啖呵(たんか)の辰雄声のよいのが雲右衛門(くもえもん)」とうたわれた。晩年、節で声を張ることができなくなり、35年(昭和10)講談に転向して服部伸を名のり、94歳で没するまで芸界の第一線で活躍した。[秩父久方]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の服部伸の言及

【関の弥太っぺ】より

…主人公の関の弥太郎は,のちに島田正吾の当り役になった。長谷川伸に心酔していた講釈師服部伸(1880‐1974。この名も長谷川から1字もらったもの)がゆずりうけて講談化し,十八番としたほか,浪曲化もされて天才少女浪曲家といわれた春日井おかめ(1957引退)が演じたりしたのも,股旅ものの典型である題材が,これらの芸にふさわしかったからである。…

※「服部伸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

服部伸の関連キーワード筑摩伊東太郎太田信三金井四郎金城清松越野栄松(2代)半田道玄三上知治山本勝次弓場貫一

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

服部伸の関連情報