コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浪花亭駒吉 なにわてい こまきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浪花亭駒吉 なにわてい-こまきち

1842-1906 明治時代の浪曲師。
天保(てんぽう)13年生まれ。名古屋で浮かれ節をならう。江戸にでて台詞(せりふ)や地の文をいれるようにした関東節をつくりあげ,「お座敷浪花節」の看板をかかげ,寄席(よせ)芸にまでそだてる。曲師戸川てると協力,関東節に18通りのヤク節を完成させた。明治39年1月29日死去。65歳。本名は桜井駒吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なにわていこまきち【浪花亭駒吉】

1843‐1906(天保14‐明治39)
浪曲家。本名桜井駒吉。名古屋の浪花家辰之助門下。明治維新の際,江戸に出て関東各地を回り,一代の名曲師戸川てると相知り,浪花節の関東節の基礎を成した。組合では2代目頭取をつとめ,浪曲界の第一人者として,落語の三遊亭円朝,講談の2代松林伯円(しようりんはくえん)と同等の木戸銭を取って満員をつづけた。品位のある芸風で,黒田清隆,三条実美,大江卓などの名士にも愛された。【興津 要】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浪花亭駒吉
なにわていこまきち
(1842―1906)

浪曲師。本名桜井駒吉。名古屋祭文(さいもん)の浪花亭辰之助(たつのすけ)門下とも伝える。幕末期に江戸へ出て説経浄瑠璃(じょうるり)の日暮龍卜(ひぐらしりゅうぼく)を知り、祭文の合の手に説経節(ぶし)風の三味線を使うことを勧められ、相三味線に戸川てるという協力者を得て、18通りの約節(やくぶし)をくふうしたといわれる。明治維新後、東京で初めて「お座敷浪花節」の看板を掲げ、大道芸の祭文と一線を画した最初の浪花節語りとなった。[秩父久方]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

浪花亭駒吉の関連キーワード鼈甲斎 虎丸(初代)浪花亭 〆太木村 重勝相三味線木村重友服部 伸明治時代服部伸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android