コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望族 ぼうぞくwàng zú

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうぞく【望族 wàng zú】

中国,六朝・隋・唐期の名族をいう。〈望〉は人々からのぞみ見られるの意で,当時,風格などの〈風〉とならんで,門望,郷望などと個人ないしはその家固有の価値を示すことばとして好んで用いられた。高級官僚を輩出した門閥貴族一般をも指すとともに,学問徳行をつんで地域社会の統率・指導につとめた人およびその家をいう。たとえば山東省の望族と称された劉善明は,その地がはげしい飢饉に見舞われたとき,自分も粥をすすって蓄米を放出し,飢民救済につとめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android