江左(読み)こうさ(英語表記)Jiāng zuŏ

世界大百科事典 第2版の解説

こうさ【江左 Jiāng zuŏ】

中国,長江(揚子江)下流の南岸,今の南京市を中心とする江蘇省南部を指す。この呼称の由来を,清の魏禧が,《日録雑説》で,北方からみて長江の左にあるためであろうとしているのは正しく,江西省北部を江右(こうゆう)というのに対する語である。同様の対比は,函谷関の西つまり関西を関右,東つまり関東を関左と呼ぶときにも認められる。東晋の功臣王導を江左夷吾,謝安を江左風流宰相と称するなど,その使われ方は広い。【勝村 哲也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐さ カウ‥【江左】

〘名〙
① 入り江や大川の左岸。琵琶湖の東岸や大阪の淀川の南岸にいうことが多い。
※詩序集(1133頃)閑望遠山雪詩序〈藤原兼衡〉「海陽江左之客、畳詞浪而競来」
② 中国で、揚子江下流の南岸の地をいう。江東
※蕉堅藁(1403)銭唐懐古次韻「百年江左風流尽、小海空環旧版図」 〔晉書‐桓伊伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江左の関連情報