コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木島平[村] きじまだいら

1件 の用語解説(木島平[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きじまだいら【木島平[村]】

長野県北東部,下高井郡の村。人口5850(1995)。千曲川東岸,飯山盆地南東部に位置し,西部は千曲川の支流樽川と馬曲(まぐせ)川の扇状地が占める。北~西は飯山市,南西部は中野市に接する。西部を国道403号線が,東部を奥志賀林道がそれぞれ縦断する。主産業は米作,エノキタケ栽培を中心とする農業であるが,近年周辺都市への通勤者も多い。豪雪地帯であるため冬季の副業として古くから和紙(内山紙)の生産が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木島平[村]の関連キーワード地獄谷温泉中野飯山発哺温泉山ノ内温泉郷湯田中温泉五色温泉須坂高井戸北信州やまのうち

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone