コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木暮武太夫(1) こぐれ ぶだゆう

1件 の用語解説(木暮武太夫(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木暮武太夫(1) こぐれ-ぶだゆう

1860-1926 明治-大正時代の政治家,実業家。
安政7年2月4日生まれ。生家は群馬県伊香保温泉の旅館。慶応義塾にまなび,明治18年県会議員となり,公娼廃止運動などに活躍。23年衆議院議員(当選7回,政友会)。42年伊香保電気軌道を創設するなど,伊香保温泉の発展につくした。大正15年3月25日死去。67歳。幼名は篤太郎。旧名は秀一。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木暮武太夫(1)の関連キーワード万延大正天皇昭和イギリス映画小作争議文芸時代マイブリッジ有村次左衛門小野善右衛門佐久良東雄

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone