木暮武太夫(1)(読み)こぐれ ぶだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木暮武太夫(1) こぐれ-ぶだゆう

1860-1926 明治-大正時代の政治家,実業家。
安政7年2月4日生まれ。生家は群馬県伊香保温泉の旅館。慶応義塾にまなび,明治18年県会議員となり,公娼廃止運動などに活躍。23年衆議院議員(当選7回,政友会)。42年伊香保電気軌道を創設するなど,伊香保温泉の発展につくした。大正15年3月25日死去。67歳。幼名は篤太郎。旧名は秀一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android