コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木暮武太夫(1) こぐれ ぶだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木暮武太夫(1) こぐれ-ぶだゆう

1860-1926 明治-大正時代の政治家,実業家。
安政7年2月4日生まれ。生家は群馬県伊香保温泉の旅館。慶応義塾にまなび,明治18年県会議員となり,公娼廃止運動などに活躍。23年衆議院議員(当選7回,政友会)。42年伊香保電気軌道を創設するなど,伊香保温泉の発展につくした。大正15年3月25日死去。67歳。幼名は篤太郎。旧名は秀一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木暮武太夫(1)の関連キーワード大正時代実業家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android