コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村鷹太郎 きむら たかたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村鷹太郎 きむら-たかたろう

1870-1931 明治-昭和時代前期の評論家。
明治3年9月18日生まれ。30年井上哲次郎らと雑誌「日本主義」を創刊バイロン評伝や「プラトーン全集」の翻訳で知られる。「世界的研究に基づける日本太古史」で日本民族の発祥をギリシャとする説を展開した。昭和6年7月18日死去。62歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。帝国大学卒。号は鳴潮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

木村鷹太郎

没年:昭和6.7.18(1931)
生年明治3.9.18(1870.10.12)
明治大正時代の思想家,翻訳家。号鳴潮。帝国大学哲学選科修了。井上哲次郎門下で中国倫理学の研究から出発したが,客観性よりも自己投入するに足る思想を求めて明治30(1897)年井上らと共に雑誌『日本主義』を創刊,仏教などを排撃し「日本建国の精神」の全面開花を提唱する。34年以後はロマン派文学とギリシャ古典研究に没頭。熱狂的読者を得た『バイロン文界之大魔王』(1902),『プラトーン全集』(翻訳)は著名。その日本主義はこの研究を通じて,古代日本を世界史の根源とする怪異な学説へと化した。44~45年『世界的研究に基づける日本太古史』はその観点からの壮大な比較研究。

(徳盛誠)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きむらたかたろう【木村鷹太郎】

1870‐1931(明治3‐昭和6)
明治・大正期の異色ある評論家,翻訳家。宇和島生れ。1897年,大日本協会を設立し,同年5月に機関誌《日本主義》を創刊。国粋主義を鼓吹する一方,バイロン,プラトンの翻訳紹介に力を注ぎ,日欧両文化の矛盾を解決すべく,日本民族ギリシア渡来説を唱えて世人を煙に巻いた。《日本書紀――仁徳帝の埃及難波》《日本民族東漸史》《バイロン傑作集》《プラトン全集》など,多くの著訳書がある。東京に没。【山下 武】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

木村鷹太郎の関連キーワード高山樗牛清野勉没年

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android