末燈鈔(読み)まっとうしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

末燈鈔
まっとうしょう

親鸞(しんらん)の消息(しょうそこ)集。1333年(元弘3・正慶2)親鸞の曽孫(そうそん)覚如(かくにょ)の子の従覚(じゅうかく)が編纂(へんさん)。内題に「本願寺親鸞大師御己証并辺州所々御消息等類聚鈔(るいじゅうしょう)」とあるように、親鸞の信仰体験を記した法語(己証)3通と、門弟に宛(あ)てた書簡(消息)18通を収める。なかでも第五通目のいわゆる「自然法爾(じねんほうに)」消息は、親鸞の最晩年の境地を示すものとして著名である。従覚の原本は火災で失われ、覚如の門弟である乗専(じょうせん)が1342年(興国3・康永1)に書写したものが、もっとも古い写本である。[大桑 斉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android