コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末燈鈔 まっとうしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

末燈鈔
まっとうしょう

親鸞(しんらん)の消息(しょうそこ)集。1333年(元弘3・正慶2)親鸞の曽孫(そうそん)覚如(かくにょ)の子の従覚(じゅうかく)が編纂(へんさん)。内題に「本願寺親鸞大師御己証并辺州所々御消息等類聚鈔(るいじゅうしょう)」とあるように、親鸞の信仰体験を記した法語(己証)3通と、門弟に宛(あ)てた書簡(消息)18通を収める。なかでも第五通目のいわゆる「自然法爾(じねんほうに)」消息は、親鸞の最晩年の境地を示すものとして著名である。従覚の原本は火災で失われ、覚如の門弟である乗専(じょうせん)が1342年(興国3・康永1)に書写したものが、もっとも古い写本である。[大桑 斉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

末燈鈔の関連キーワード親鸞(僧)仏教文学大桑親鸞覚如

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android