コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本光国師日記 ほんこうこくしにっき

3件 の用語解説(本光国師日記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本光国師日記
ほんこうこくしにっき

金地院崇伝が,慶長 15 (1610) 年から寛永 10 (33) 年までの 24年間書き継いだ日記。『国師日記』『崇伝日記』ともいう。続群書類従完成会より7冊で刊行されている。崇伝は徳川家康の側近として駿府におり,黒衣の宰相と呼ばれたが,日記には家康の動静や諸大名からの書状類を収めており,駿府政権の内部のみならず,成立期幕藩制の実態を知るうえでも有用な史料である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

本光国師日記【ほんこうこくしにっき】

臨済僧以心崇伝(いしんすうでん)(本光国師)の1610年から1633年にわたる日記。47冊。原本は南禅寺金地(こんち)院蔵(国指定重要文化財)。武家・寺社などからの書状写や崇伝が出した書状の留書(とめがき)が中心で,江戸時代初頭の幕府の寺社政策や対朝廷政策,外交などに関する重要記事が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほんこうこくしにっき【本光国師日記】

臨済僧以心崇伝(いしんすうでん)(本光国師)の日記。47冊。1610年(慶長15)から33年(寛永10)までの24年間にわたる。五山僧としての素養をもとに,徳川家康の側近として外交,対朝廷問題や宗教行政に参画した崇伝の日記は,江戸幕府初期の政治史研究に欠かせない史料である。また易占や古筆の鑑定に関する記事も多く,文化史上も貴重である。原本は南禅寺金地院(こんちいん)所蔵。【高木 昭作】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

本光国師日記の関連キーワード金地院崇伝最岳元良崇伝駿河版金地院以心崇伝賑給田以心伝心のお月さん本光国師日本光電

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone