コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本城[村] ほんじょう

世界大百科事典 第2版の解説

ほんじょう【本城[村]】

長野県中央部,東筑摩郡の村。人口2445(1995)。村域のほとんどが筑摩山地に属する山地・丘陵地からなり,麻績(おみ)川支流の東条川が北西流する。中心集落の西条(にしじよう)は,近世,北国西脇往還(善光寺道)の間宿(あいのしゆく)的性格をもっていた。高冷地ではハクサイなどの高原野菜が栽培され,花卉やエノキダケも生産される。肉牛を中心とした畜産も盛ん。ほとんどが兼業農家で,松本市への通勤者が多い。JR篠ノ井線が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本城[村]の関連キーワードマザーボードゴルディアヌス[3世]ゴルディアヌス3世指定管理者制度付合(法律)総合年表(北・東・東南アジア)不二門 智光たばこの税金シリア内戦公営の電気事業

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android