コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本木 モトキ

デジタル大辞泉の解説

もと‐き【本木】

木の根もとの部分。⇔末木(うらき)
「その伽羅に―と末木との二つありて」〈鴎外・興津弥五右衛門の遺書〉
作品などを構想する中心となる材料。
「昔物語などの、一興ある事を、―にとりなして事をする」〈習道書〉
以前に関係のあった者。前夫・前妻や前に情交のあった者など。
「―を捨つる心にもあらで」〈人・辰巳園・初〉

もとき【本木】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「本木」姓の人物
本木庄左衛門(もときしょうざえもん)
本木昌造(もときしょうぞう)
本木良永(もときよしなが)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もとき【本木】

木の幹、また、根もとに近い部分。 ↔ 末木うらき
物事の中心となる部分。 「それは-の人体によりて似合ふべし/風姿花伝」
以前に関係のあった者。前夫・前妻など。 「 -を捨つる心にもあらで/人情本・辰巳園

もとき【本木】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の本木の言及

【蹴鞠】より

…懸は付近の建物より2間半以上離れた位置に,4本の木を3~4間を隔てて相対して立てるのを定めとする。木はもっぱらヤナギ,サクラ,マツ,カエデの4種で,これを4本懸といい,根のまま植えつけたのを本木(ほんぎ)とよび,根を切って埋め立てたのを切立(きりたて)というが,いずれも高くけあげる鞠長(まりたけ)の関係から1丈5尺以上として,下枝は演技者の烏帽子(えぼし)のとどく程度とした。また庭上には猫搔(ねこがき)というわらで編んだむしろを敷いて風雨にそなえた。…

※「本木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本木の関連キーワード釣りバカ日誌〈12〉史上最大の有給休暇シブがき隊 ボーイズ&ガールズいつか好きだと言って青森県立三沢高等学校今夜ひとりのベッドで日本のいちばん長い日釣りバカ日誌イレブンママって、きれい!?お玉・幸造夫婦ですあなただけ見えないシコふんじゃった。隣人は静かに笑う福岡県福津市本木ニュースなあいつ君と出逢ってからファンシイダンス恋のパラダイススパイ・ゾルゲトキワ荘の青春十和田[市]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本木の関連情報