コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱鎔基 しゅようき Zhu Rong-ji

3件 の用語解説(朱鎔基の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朱鎔基
しゅようき
Zhu Rong-ji

[生]1928.10. 湖南,長沙
中国の政治家。 1949年中国共産党入党。 1951年清華大学電機工学科卒業。 1970~75年五・七幹部学校下放1979国家経済委員会に勤務,1982年より国家経済委員会局長,同委員会副主任などを歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

朱鎔基【しゅようき】

中国の政治家。湖南省生れ。1951年清華大学電機工学部卒業。東北人民政府工業部に勤務,1957年からの反右派闘争で批判され,1978年名誉回復。国家経済委員会局長,清華大学教授などをへて,1987年共産党中央委員候補。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朱鎔基
しゅようき / チューロンチー
(1928― )

中国の政治家。湖南(こなん)省生まれ。1949年中国共産党入党。1957年の反右派闘争の際に「右派」のレッテルを貼(は)られ、文化大革命中は農村での強制労働を体験した。1987年に上海(シャンハイ)市党委員会副書記となり、翌1988年には市長に就任して上海の経済立て直しに手腕を発揮した。外資導入促進のため「一つの窓口、一つのハンコ」という許認可手続簡素化を推進したことは有名で、一時「中国のゴルバチョフ」と称されたこともある。「経済のわかる指導者」として小平(とうしょうへい)の信頼は厚く、1991年4月の全国人民代表大会で副首相に抜擢(ばってき)され、1992年第14期一中全会で政治局常務委員に昇格した(~2002年)。1998年3月、第9期全国人民代表大会で首相となり(~2003年)、高い経済成長を維持しながら国有企業、行政、金融の三大改革を推進し、世界貿易機関(WTO)加盟を実現させるなどの成果をあげた。2000年(平成12)10月来日の際には、中国の要人として初めて民放の市民対話番組に出演した。2002年に中央政治局常務委員を退任、翌2003年には首相を退いた。[渡邊幸秀]
『陳村金麦著『中国を変える朱鎔基の人脈と改革』(1999・グローバルネットワーク) ▽朱建栄著『朱鎔基の中国改革』(PHP新書) ▽矢吹晋著『「朱鎔基」中国市場経済の行方』(小学館文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朱鎔基の関連キーワード中野彭徳懐湖南市N湖南長沙湖南港中町Diaz de la Peña,N.長沙筆

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朱鎔基の関連情報