コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下放 かほうXia-fang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下放
かほう
Xia-fang

文化大革命期に,農民の生活と仕事を体験することによって大衆と結びつき,みずからの世界観を改造することを目的として,党と政府機関の幹部および知識人を長期にわたり農村,あるいは五・七幹部学校に派遣し,農業労働に参加させること。幹部下放ともいう。しかし実際には,政治運動の中で問題のあると思われる知識人,特に幹部を権力から排除し,懲罰や迫害を加え,肉体労働を強いる手段として使われた。文革後批判を受け,中止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

下放の関連キーワードティエン チュアンチュアンティエン・チュアンチュアンリウ シャオチンチェン・カイコーダイ シージエ五・七幹部学校ファン ウーユン チアンルーツ文学内藤 泰子ハー ピン孫 暁燕李 克強高 文謙方 励之艾 未未高 行健習 近平張 徳江魏 京生

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下放の関連情報