コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉浦健一(読み)すぎうらけんいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杉浦健一
すぎうらけんいち

[生]1905.8.16. 岡崎
[没]1954.1.15. 東京
文化人類学者。 1931年東京帝国大学宗教学科卒業。文部省民族研究所員,東京外国語大学教授を経て,53年東京大学文化人類学科の初代教授。宗教民族学の研究から出発し,初め文化圏説に関心を寄せたが,のち機能主義に転じた。 37~41年ミクロネシアで調査を行い,日本人による同地域研究の草分けとして知られる。第2次世界大戦後は特にアメリカ文化人類学の影響を受けて「文化とパーソナリティ」の問題に集中,また晩年はイギリス社会人類学に傾斜して,泉靖一とともに北海道アイヌの親族組織研究にうちこんだ。主著『未開人の政治と法律』 (1947) ,『原始経済の研究』 (48) ,『人類学』 (51) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉浦健一 すぎうら-けんいち

1905-1954 昭和時代の文化人類学者。
明治38年8月16日生まれ。国内での民俗学的調査のほか,昭和12年から南洋庁嘱託としてミクロネシアの現地調査をおこなう。東京外大教授をへて28年東大教授。昭和29年1月15日死去。48歳。愛知県出身。東京帝大卒。著作に「原始経済の研究」「人類学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉浦健一
すぎうらけんいち
(1905―1954)

文化人類学者。東京大学文学部卒業。1950年(昭和25)東京外国語大学教授、53年(昭和28)東京大学教養学部教授となる。日本の文化人類学の創成期に活躍した学者にふさわしく、広い関心領域をもち、宗教民族学から始まって物質文化論、文化とパーソナリティー論、生態人類学、親族組織論などにまでその研究は及んだ。国内外での現地調査の経験も豊富で、とりわけ第二次世界大戦前に南洋庁の嘱託として行ったミクロネシア調査は数多くの貴重な論文を生み出したのみならず、日本人によるこの種の海外調査の先駆けとなった重要なものである。主著に『原始経済の研究』(1948)、『人類学』(1951)などがある。[山本真鳥]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

杉浦健一の関連情報