コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉野芳子 すぎの よしこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉野芳子 すぎの-よしこ

1892-1978 大正-昭和時代の服飾デザイナー。
明治25年3月2日生まれ。アメリカにわたり洋裁をまなぶ。大正15年ドレスメーカー・スクール(のちドレスメーカー女学院)を創立,ドレメ式洋裁を普及させた。昭和25年杉野学園女子短大,39年杉野女子大を創設,学長。昭和53年7月24日死去。86歳。千葉県出身。千葉第一高女卒。旧姓岩沢

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すぎのよしこ【杉野芳子】

1892~1978) デザイナー・学校経営者。千葉県生まれ。型紙と仮縫いで体型に合わせた洋服を作る「ドレメ式」洋裁を考案し、全国組織の洋裁学校で普及させた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

杉野芳子の関連キーワード杉野学園衣裳博物館杉野服飾大学伊東 茂平デザイナー昭和時代洋裁学校福冨芳美仮縫い型紙

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android