コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉風 サンプウ

世界大百科事典 第2版の解説

さんぷう【杉風】

1647‐1732(正保4‐享保17)
江戸前・中期の俳人。姓は杉山,通称は藤左衛門,また市兵衛。採荼庵(さいだあん),荼舎,蓑翁などと号す。父の代から幕府に魚を納めるお納屋(なや)で,鯉屋を称した。芭蕉の江戸出府と同時に入門し,蕉門の基礎をかためるとともに,芭蕉の経済面での庇護者ともなった。1675年(延宝3)刊《俳諧絵合》に発句を初めて採用されて以来,延宝期の活躍はめざましく,80年の《桃青門弟独吟二十歌仙》巻頭に歌仙を載せ,また発句50句を25番に取り組ませ,これに芭蕉による勝負の判定と,判詞を記した《常盤屋の句合》を出版した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杉風
さんぷう

杉山杉風」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉風
さんぷう
(1647―1732)

江戸前期の俳人。杉山氏。通称市兵衛。別号採荼庵(さいたあん)など。江戸・小田原町で幕府、諸侯の魚御用商を営んだ富商。家号は鯉屋(こいや)。1675~76年(延宝3~4)ごろから松尾芭蕉(ばしょう)に師事して俳諧(はいかい)をたしなみ、80年『常盤屋句合(ときわやのくあわせ)』『桃青(とうせい)門弟独吟二十歌仙』などで蕉門形成期に重要な役割を演ずるとともに、芭蕉の経済的庇護(ひご)者となり、深川の芭蕉庵建築の資金負担をはじめ、最後まで生活の援助を続けた。本業多忙のため俳壇活動はじみであったが、師風の進展につねに忠実に従い、誠実温厚でもあったので芭蕉の信頼も厚く、世間からも蕉門の元老格と目された。墓は東京都世田谷(せたがや)区宮坂の成勝寺。句集に『杉風句集』(1785・梅人編)がある。[今 栄蔵]
 朝顔やその日その日の花の出来
『高木蒼梧著「杉山杉風」(『俳句講座2』所収・1958・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の杉風の言及

【蕉門十哲】より

…許六の〈師の説〉に〈十哲の門人〉と見えるが,だれを数えるかは記されていない。その顔ぶれは諸書により異同があるが,1832年(天保3)刊の青々編《続俳家奇人談》に掲げられた蕪村の賛画にある,其角,嵐雪,去来,丈草,許六(きよりく),杉風(さんぷう),支考,野坡(やば),越人(えつじん),北枝(各項参照)をあげるのがふつうである。【石川 八朗】。…

※「杉風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

杉風の関連キーワード嵐三右衛門(4代)高上がり・高上り芭蕉(俳人)俳句(文学)蕉門の十哲6月13日新興美術院中川宗瑞寺崎紫白中川濁子鯉屋杉風松尾芭蕉越智越人平山梅人寒の入り蕉門十哲松木珪琳霜枯れ枯尾花玉の汗

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android