李達((1890―1966))(読み)りたつ

  • 1890―1966
  • りたつ / リーター
  • 李達

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国の社会科学者。湖南省零陵(れいりょう)の人。字(あざな)は鶴明。1913年(大正2)日本に留学し、初め科学を学ぶが、のちマルクス主義を学び、その紹介に努めた。帰国後中国共産党の創立に参加し、『新青年』を編集した。1923年離党し、以降、曁南(きなん)大学、北平大学、中山大学、湖南大学などでマルクス経済学、政治学を講じた。新中国成立後、再入党し教育界、学界の要職を歴任。マルクス主義に関する著書、翻訳書が多数ある。

[阿川修三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android