コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上一郎 むらかみいちろう

百科事典マイペディアの解説

村上一郎【むらかみいちろう】

評論家,小説家,歌人。東京生れ。東京商科大卒。海軍に入り,終戦時には主計大尉。戦後,久保栄に師事し,《日本評論》の編集に携わるが,レッドパージに遭い,以後文筆活動に専念する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上一郎 むらかみ-いちろう

1920-1975 昭和時代後期の文芸評論家。
大正9年9月24日生まれ。海軍主計大尉で敗戦をむかえ,「日本評論」編集者となる。昭和26年レッドパージにあって文筆生活にはいり,39年個人誌「無名鬼」を創刊。昭和50年3月29日日本刀で自殺した。54歳。東京出身。東京商大(現一橋大)卒。著作に評論「日本のロゴス」「北一輝論」,歌集「撃攘(げきじょう)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村上一郎の関連キーワード奥羽越列藩同盟村上 一郎手塚律蔵江戸開城桶谷秀昭吉本隆明林洞海雑誌

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村上一郎の関連情報