コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上一郎 むらかみいちろう

2件 の用語解説(村上一郎の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

村上一郎【むらかみいちろう】

評論家,小説家,歌人。東京生れ。東京商科大卒。海軍に入り,終戦時には主計大尉。戦後,久保栄に師事し,《日本評論》の編集に携わるが,レッドパージに遭い,以後文筆活動に専念する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上一郎 むらかみ-いちろう

1920-1975 昭和時代後期の文芸評論家。
大正9年9月24日生まれ。海軍主計大尉で敗戦をむかえ,「日本評論」編集者となる。昭和26年レッドパージにあって文筆生活にはいり,39年個人誌「無名鬼」を創刊。昭和50年3月29日日本刀で自殺した。54歳。東京出身。東京商大(現一橋大)卒。著作に評論「日本のロゴス」「北一輝論」,歌集「撃攘(げきじょう)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

村上一郎の関連キーワード磯田光一十返肇岡庭昇小原元川村二郎三枝康高寺岡峰夫縄田一男服部達武蔵野次郎

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

村上一郎の関連情報