束脩(読み)ソクシュウ

世界大百科事典 第2版の解説

そくしゅう【束脩 shù xiū】

脩は干し肉のことで,1束の干し肉を意味し,1束は10(ちよう),10本の細長い干し肉を束ねてある。中国の古代に,臣となり,あるいは弟子となるとき,これを礼物として差し出した。それから転じて入門のときの入学金を意味するようになった。《礼記(らいき)》《論語》などに例がある。なお束の束は帛を意味し,脩は脯(ふ)を意味する例もある。【大庭 脩】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そくしゅう【束脩】

〔論語 述而〕 昔、中国で家臣・弟子になるときに礼物に用いた干し肉の束。
入門のときに師に贈る礼物や金銭。 「 -を納めて周策を保の門人とせむことを請うた/渋江抽斎 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android